Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
作曲用iPadを選ぶ時に気をつけたい、ただ一つのポイント

作曲用iPadを選ぶ時に気をつけたい、ただ一つのポイント

こんばんは、ふぅです。

私は2016年10月にiPad mini4を購入して以来、作曲はほとんどこれを使っています。

これさえあれば、作曲からデータのアップロードまでのすべての作業をiPadで完結できるため、とても重宝しています。

作曲以外にもドット絵を描けるアプリや、アニメーションを簡単に作れるアプリもあって、とても楽しいです。

しかし、ただ一つだけ後悔したことがありました。

スポンサーリンク

iPadを選ぶなら32GB以外を!

私が購入したのは、iPad mini4の32GBでした。

しかし、32GBだと、アプリのデータや曲のデータですぐに容量オーバーになってしまいます。

特に、作曲アプリとwavファイルは半端なく重いです。

こちらは、私のアプリの容量一覧です。

使用容量1〜5位のうち、4つのアプリが作曲アプリです。

これだけで10GB以上を占めています。

Beatmaker2に至っては空き容量不足で使えない音源も出てきているので、必死でデータ削除してます(汗)

なので、iPadを買うなら32GBよりも容量の多いものを選びましょう。

まとめ

はい、今日は作曲用にiPadを買おうという方に向けた忠告(?)でした。

今のiPadは便利なアプリがたくさん出ているので、インストールするうちにいつのまにか容量を食ってしまいます!

画面の大きさや使い心地など、容量以外の面については満足してます。

なので、予算が許す限り容量の多いものを選びたいですね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする