Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
耳コピアプリはハヤえもんがオススメ!無料で書き出しも出来る!

耳コピアプリはハヤえもんがオススメ!無料で書き出しも出来る!

こんにちは、ふぅです!

今日は、ドラマHEROの主題歌の耳コピをしていました。

でも、和音が複雑で、ゆっくり再生しないと歯が立たない!

というわけで、速度を落とせる耳コピアプリを探したのですが…、

たくさんありすぎてどれがいいんだか分からない(- -;

となってしまいました。

でも、いくつかインストールした結果、「ハヤえもん」というアプリが一番かな…?

という結論になりました。

というわけで、ハヤえもんの紹介です。

私がハヤえもんに決めた理由

まずはハヤえもんに決めた理由をまとめます。

  • Dropboxの曲も再生出来る
  • マーカー機能がついている
  • イコライザがついている
  • CubasisなどのDAWアプリへの書き出しができる

もちろん再生速度も調整できて、10%〜400%まで調整出来ますよ。

音程を変えることも可能です。

以下でそれぞれのメリットについて説明しますね。

Dropboxの曲も再生出来る

まずは、Dropboxの曲も再生出来たことです。

私はこのアプリの前に、「Audipo」、「バンドマンのための耳コピアプリ」をインストールしたのですが、これらのアプリはiTunesからしか曲を読み込むことが出来ず、使うのを諦めました。

ハヤえもんは、iTunesはもちろん、Dropboxからも曲を読み込めます。

ここは重要ですね。

マーカー機能がついている

マーカー機能があると、全体の構成を見渡せるので、便利です。

ただし、このアプリのマーカー機能はよく落ちます(涙)

なので、マーカーをつけたらスクリーンショットを撮っておいて、構成を頭に叩き込むつもりです(^^;

イコライザがついている

このアプリには、30帯域が調整できる、イコライザがついています。

30帯域のイコライザは相当細かいと思います。

一つの楽器だけを聞き取りたい!

という時には、このつまみをいじって、聞きたい楽器が目立つようにすればいいのです。

少々操作はしづらいかもしれませんが、ここは慣れですね。

CubasisなどのDAWアプリへの書き出しができる

このアプリ、再生速度を落とすことはできますが、鍵盤で音を確かめることは出来ません。

ここで役に立つのが、DAWアプリへの書き出し機能です。

このアプリでは、聞きたい範囲を選び、スピードを落とした音源を、他のアプリに送ることが出来ます。

書き出した音源をCubasisに送ってオーディオトラックに読み込み、同時にmidiトラックも立ち上げれば、

アプリ内蔵のキーボードで音を確かめることが出来ます。

このやり方は、別の記事で詳しく説明しますね。

Anytuneというアプリだと、この機能は課金しないと使えないので、

この機能が無料で使えるのはすごいと思います。

まとめ

一昔前にはこんな便利なアプリはなかったので、いい時代になったな…、と痛感してます。

みなさんもハヤえもんをインストールして、耳コピライフを充実させてみてはいかがでしょうか?(^^)v

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする