Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/osusowakeno2/fu-no-osusowake.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
Bill Evans Trioの各時代のCD比較。メンバーで音色も変わる!

Bill Evans Trioの各時代のCD比較。メンバーで音色も変わる!

こんにちは、ふぅです。
みなさんは、Bill Evans TrioのメンバーがCDによって違うって知っていましたか?

メンバーがCDごとに違うのは言われてみれば当然かもしれませんが、実際にBill Evans以外のメンバーの違いを意識してCDを聞いている方はそう多くはないと思います。

私も今までは他のメンバーの違いなんて意識したこともありませんでした。
でも、こうしてメンバーの違いを意識して音を聞き比べてみると、共演者によって演奏が全然違うのです!

というわけで、今回はBill Evans Trioのメンバー変遷をざっくりとまとめてみました。

スポンサーリンク

スコット・ラファロ(ba)とポール・モチアン(dr)トリオ(1959〜1961)

Bill Evans初のトリオ。
ベースやドラムが、単なる伴奏ではなく、ピアノに絡み合うような旋律を奏でるのが特徴です。
この頃のアルバム「Waltz For Debby」はジャズを代表する名盤と言われています。
1961年にスコットが交通事故で亡くなるまで、この編成は続きました。

この頃のアルバムはこちら↓

「スコットのベースとの絡みは恋人のようだ」とは聞いていたのですが、まさしくその通りですね。聴いていても心地いいです。
彼のベースはピアノの呼吸ともぴったりで、優しく寄り添うような音色がします。

エディ・ゴメス(b)、マーティ・モレル(dr)トリオ(1969〜1975)

もっとも長期間続いたトリオ。
今発掘され、CD化されている音源は、大体この時期のものです。

音源はこちら↓

先ほどのスコットとのトリオよりも各パートの自己主張が強い気がするのは私だけでしょうか?

マーティ・モレルが家族のためにメンバーを脱退すると、ドラムはエリオット・ジグモンドに変わります。

スポンサーリンク

マーク・ジョンソン(b)、ジョー・ラバーバラ(dr)トリオ(1978〜)

ラストトリオ。
Bill Evansはこの頃、薬物中毒が祟り、メンバーの二人も休養を勧めるほどでした。
しかし彼は、1980年に亡くなる直前まで演奏を続けます。
死因は、肝硬変ならびに出血性潰瘍による失血性ショック死でした。

この頃の音源です↓

この頃のBill Evansのピアノは、どこか不安定で、 突き刺さるような感じがします。
彼の精神状態が表れているのでしょうか?

でも、そんな不安定さが魅力的であったりもします。

まとめ

基本的にWikiを参考にしています。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ビル・エヴァンス
個人的に一番おすすめなのは最初に紹介した、スコットとのトリオです。
これを頭に入れてCDを聴いてみると、世界が変わるかもしれません(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする